鍵紛失した場合にまず取るべき行動~鍵の種類によって異なる~

キーケースごと鍵紛失した時の対処法

仕事や外出先から帰宅して、いざ家のドアを開けようと思ったらあるはずの鍵がない!とパニックに陥る人もいるでしょう。鍵紛失が発覚した場合には、慌てずに落ち着いて対処することが大事です。

もう一度カバンの中を確認してみる

鍵紛失トラブルが起きたときは、まずカバンの中をもう一度よく探してみることです。カバンの中には入れてないはずと思い込んでいても、無意識に入れている場合があります。カバンの隅々まで良く探してみると、案外見つかるケースも多いです。

会社や飲食店に忘れてないか確認する

カバンの中を探しても見つからない場合は、今までの自分の行動を思い返してみるといいでしょう。自宅に着くまでに立ち寄ったお店や会社、駅、トイレなどに鍵を落としている可能性があります。よくよく思い返してその場所に忘れていないか確認しに行ってみるといいでしょう。

鍵

鍵紛失トラブルが発覚したときは、誰だって焦ってしまいます。しかし、場合によっては、落ち着いて身の周りを探すことでキーケースを発見することができます。

いくら探してもキーケースが見つからない場合は

キーケースには、自宅だけでなく会社や自動車などのいろいろな鍵がついています。鍵紛失が発生した場合は、種類別でそれぞれ適切な対処を行なう必要があります。種類別の対処法について詳しくご紹介していきます。

近所の交番に届け出を出す

鍵紛失に気づいたら、まずは警察に届け出を出すことが大事です。外に落としている場合、誰かが拾っているかもしれません。悪用される可能性もありますので、きちんと警察に届け出を出しておきましょう。また、警察の届け出を出しておくと、後から鍵が見つかった場合でも連絡してもらえるので助かります。鍵紛失くらいで警察に届け出を出すのは大袈裟だと思う人もいるでしょうが、鍵紛失はとても重大なトラブルなのできちんと警察に相談しておきましょう。

カギ別の対処法

賃貸アパートの鍵紛失
賃貸住宅に住んでいる場合は、警察の他に大家さんやアパートの管理会社にも連絡する必要があります。場合によっては、防犯性を考慮して鍵穴ごと交換することもあるのできちんと連絡しておきましょう。また、賃貸住宅でも鍵の交換や開錠にかかる費用は自己負担になりますので、把握しておくといいです。
自動車の鍵紛失
自動車の鍵紛失はとても困るでしょう。しかし、そのような場合でも慌てず落ち着いて行動することが肝心です。自動車の鍵は、服のポケットやテーブルなどに置いて忘れてしまうことが多いです。また、新しいものと交換すると高くて10万円ほどの費用が必要になるため、まずは良く探してみることが大事なのです。
会社の鍵紛失
会社の鍵紛失が起きた場合には、まず速やかに上司に報告するようにしましょう。会社の鍵を失くすということは、自分一人の問題ではなく会社全体に関わる重大な問題です。万が一悪用でもされたら、多大な損失を被ってしまうかもしれません。上司に怒られるからと言って誤魔化さず、正直に話しましょう。
実家の鍵紛失
実家の鍵を失くしてしまった場合は、実家に住んでいる両親や兄弟に連絡をすることから始めましょう。セキュリティ面が心配なのであれば、鍵交換を行なう必要があります。実家の両親にもきちんと確認して、鍵交換を業者に依頼するといいでしょう。

キーケースごと鍵を失くしてしまった場合は、このように鍵の種類に応じて適切な対処を行なうことが大事なのです。

TOPボタン