選べるお支払い方法で鍵紛失時でも便利

鍵紛失トラブルは、いつ起こるか分かりません。急に発生してしまうことが多いので、中には費用を用意することができない場合もあるでしょう。そのような場合でも大丈夫なように、業者では様々な支払い方法が取り扱われています。

現金での支払い
業者で取り扱っている基本的な支払い方法は、現金払いです。特に個人で経営している業者の場合は、現金払いのみ取り扱っているということが多いです。その場ですぐお金を払うことができるので、支払いを先伸ばしにしたくないという人にはぴったりです。
クレジットカードでの支払い
大手の業者になると、現金以外にもクレジットカードで費用を支払えるところもあります。支払い回数も自由に選ぶことができますので、すぐに費用が用意できないという人に最適です。業者によって取り扱っているカード会社の種類は異なりますので、お手持ちのカードで支払いが可能か事前に問い合わせてみるといいでしょう。
請求書での支払い
クレジットカード払いができる業者は、請求書での支払いも可能となっています。個人での依頼に対してではなく、法人のお客様に対して適応している支払い方法です。会社の都合により、今すぐにお金を支払うことができないという場合、請求書を利用して後日支払いすると便利でしょう。

業者では、このように様々な支払い方法を用意しているので、キーケースと一緒に現金を失くしても安心です。

キーケースには個人情報を書くと危険

キー

キーケースに自宅や会社、自動車などいろいろな鍵を付けて持ち歩いている人は多いでしょう。キーケースに鍵を付けて持ち歩く場合は、名前や住所などの個人情報を書かないようにすることです。個人情報を記載してしまうと、万が一そのキーケースを落とした場合、誰かに悪用される恐れがあります。犯罪に巻き込まれないためにも、キーケースには個人情報を記載しないようにしましょう。

鍵紛失時に便利なグッズを利用する

鍵紛失トラブルを防ぐのに効果的なグッズがたくさん開発されています。一つ目はキーファインダーというグッズです。キーファインダーはスマホアプリでボタンを押すとブザー音が鳴り、LEDライトが光る仕組みになっています。iPhoneでのみ利用できるグッズで、鍵をどこに置いたのか忘れてしまった場合に大変役立ちます。価格は4000円前後となっていてキーホルダー感覚でつけることができます。そのほか、鍵がスマホから決められた距離を離れると知らせてくれるREX-SEEK1-Xという商品や、位置情報を報告してくれるBTSL001やIZCONY、受信機で探すことができる探し物発見器などといったものが販売されています。価格は安いもので3000円~高いものでも24000円ほどです。

TOPボタン